審査が通らない人

クレジットカードもカードローンも審査があります。
審査に落ちてしまうと、他社でも審査が落ちやすいと言えいます。

なお、「審査の甘い会社」はありません

審査状況履歴の情報を金融機関同士で共有しているので、同じ審査基準で審査を行います。

審査が落ちてしまう人はその理由をまとめましたので、一度確認し、該当するものがあれば、改善してみましょう。

クレジットカードの審査に落ちてしまう人

クレジットカードの審査に落ちてしまう人の理由を5つにまとめました。
該当するものがないか確認してみましょう。

理由1.返済能力が少ないと判断される

クレジットカードは、ショッピングと言えど一時的に「お金を借りる」事になります。
お金を借りる際は「返済能力」をやはり吟味されます。
職業」「収入に安定さ」「勤続年数」「住まいの形態と居住年数」「同居家族数」などを見られます。
パート/アルバイトであっても安定した収入が一定期間あれば、審査に通ります。
逆に安定した収入がない人や、無職、専業主婦など収入がない場合は、他に問題がなかったとしてもクレジットカードが作れない場合もありますので、注意が必要です。

理由2.すでに借入をしている額が大きい

クレジットカードの審査に落ちる理由で「既に借入している額が大きい」ことは多いです。

クレジットカード会社は、自転車操業的に複数の借入を繰り返して借金を借金で返すような自滅的な行為を好ましく思っておりません。

「年収」

理由その3

カードローン(キャッシング)の審査に落ちてしまう人

可能性1

可能性2

可能性3

 

タイトルとURLをコピーしました